アリーズ

記事一覧(101)

パーソナルカラー診断のその後に

「パーソナルカラー診断」私が初めてその言葉を聞いたのは、今から30年前でした。ご主人の仕事で、アメリカへ駐在していた幼なじみMちゃんが、そこで知り、感動し、現地で学び、帰国して教えてくれました。もちろん、私は診断してもらい、その時の感動は、今も忘れません。「色でこんなに顔色が変わる?!」「これが、私の似合う色なのだ。」しばらくは、色見本を手にウキウキとお買い物。女性に限らず、人は美しくなる、素敵になることはとても嬉しいものです。そして、他人から褒められたらもう…もう💛「似合う色」というのは、その人の肌の色、顔のデザインに調和する色。要するに、「色が整っている」のです。「整った様は、美しいのです。」顔の近くのストールだけ似合う色を持って来ても、引いて見て、全体が整っていないと…残念!似合う色がわかったら、もっと素敵になりたい。ですよね?!だって、本人が一番気持ちいいことを知っているのだから。「色を整える」ことが重要だと知りました。この、色を整える力。持っていると、人生で得することが多いです。センスがいい人は、必ず「引いて見る力」そして、「色を整える力」を持っています。もちろん、色だけではなく、デザイン、質感も重要ですが。ファッションに限らず、インテリア、フラワーアレンジ、テーブルコーディネート、フォト…等々。さらには、街づくりまでも。この世で視界に入るモノすべてに存在する「色」です。生きている限り、付き合っていく「色」です。クローゼット内の色を整え、ファッションをインテリアの色を整え、住まいを町の色を整え、日本を?!(大きく出た!!)快適に気持ちよく。「色を整える」ということを大切に思う人が増えるといいな~。町が美しい欧米から帰国した時に、少し残念な気分になること、ありませんか?パーソナルカラー診断で、色の素晴らしい力に気づいた皆様!先ずは、自分のファッション、そして、インテリア、そして、日本の町を美しく変えていきましょう!(笑)少し、テンション上がってしまいました…。でも、本心です。